検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

くわプラ会員募集中

ショップ会員にご入会いただくとお買い上げに応じて次回割引ポイントがついて大変お得です。
メールマガジンでお得な情報も配信いたします。
ぜひご登録ください。

こちらのQRコードから会員登録ページが開けます。
入会金・年会費等はかかりません。

現在のカゴの中

VISA・MASTER・JCBカードがご利用いただけます。

クレジットカードOK!


数量・サイズに関わらず2梱包目から送料は当店負担いたします!

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

カレンダー

2017年6月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2017年7月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
※赤字は休業日です。
※休業日でもネットでのご注文は24時間お受けしております。
翌営業日より順次対応させて頂きます。
営業時間
AM11:00~PM10:00

高品質昆虫マット「極」

こだわりの高品質昆虫マットをお届け

くわプラで取り扱っている昆虫マットは原料と生産工程の両方にこだわりを持っています。

原料のこだわり

こなら・ぶな・くぬぎを中心とした広葉樹の本体部分を使用し、落ち葉や腐葉土等は一切使用していません。
葉などより幹部分の方が栄養が多いと考えている為です。
また、この原料はマイタケ菌床栽培に使用した廃菌床を加工しています。
マイタケは針葉樹では栽培できないキノコであり、マイタケ廃菌床を使用するということは針葉樹の混合が100%ありえない証でもあります。

なぜ針葉樹はダメなの?
幼虫達は木材の「セルロース」という成分を主食としています。
しかし木材には「リグニン」と呼ばれる成分が、細胞壁を形成しておりセルロースを保護しているのです。
広葉樹は腐朽するとこのリグニンが分解されますが、針葉樹はリグニンの分解が十分にされません。
つまり、幼虫達が主食となる栄養を補給できなくなってしまうのです。

生産工程のこだわり

専用の屋内で生産しております。
鉄製の発酵ボックスを積み上げ、「空中管理」という特別な管理方法で発酵させています。
地面から離す事でミミズなどの混入を防いでいます。
また、この発酵も一定期間で撹拌(かくはん=かきまぜる事)機にいれた後、再度発酵ボックスで発酵させます。
この撹拌と発酵を計8回繰り返し、発酵状態を均一にしてからようやく出荷されます。

マット製造専用施設写真

マット製造専用施設
この隣に管理棟がもう一つあります。

原料となる生おが粉写真

原料となる生おが粉
クヌギやブナなどが種別・状態別に管理されています。

発酵管理表写真

発酵管理表
合計8回の撹拌・発酵を繰り返してようやく袋詰めされます。

 

このように徹底管理されて、原料配分や添加物の濃度などをクワガタマット・カブトマットとそれぞれに適した配合を行い製造されています。
生おがの状態からおよそ7ヶ月の時間と手間をかけてクワカブのために作られた「極マットシリーズ」を自信を持っておススメいたします。
どうか大切なクワカブのために最高品質の専用マットを御使用ください。

極マットシリーズ写真
ご購入はこちらから

くわプラがこだわりの高品質昆虫マットをお届けします。
用途に合わせてご購入ください。

たくさん飼育されている方におすすめ!まとめ買いでお得な予約販売はこちら!
※ご注文からお届けまで2週間ほど頂きます。